ホーム > CSS > CSSの書き方基本

CSSの書き方基本

2009 年 10 月 26 日 iri コメントをどうぞ コメント

セレクタの書き方例の基本です。


通常のセレクタ(タグセレクタ)

セレクタ{ プロパティ: 値}で記述。
値の前に半角スペース、複数指定する場合は、「;」セミコロンで区切る。

また、改行、タブキーを押してわかりやすくする。

例)段落のpセレクタは文字サイズが12ピクセルで文字タイプはノーマル、文字色を黒色に
p{
font-size: 12px;
font-weight: normal;
color: #000000
}

クラスセレクタ

.クラスセレクタ{ プロパティ: 値}で記述。classはCSSでは「.」を記述。

例)段落のpセレクタは文字サイズが14ピクセルで
文字タイプは太字、文字色を赤色に
.sampleclass{
font-size: 14px;
font-weight: bold;
color: #cc0000
}

IDセレクタ

#idセレクタ{ プロパティ: 値}で記述。idはCSSでは「#」を記述。

例)段落のpセレクタは文字サイズが14ピクセルで
文字タイプは太字、文字色を赤色に
#contents{
width: 800px;
font-size: 12px;
color: #cc0000
}

コメントの書き方

/*と*/で囲む

例)
/* ヘッダーここから */

カテゴリー: CSS タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。