ホーム > ECCUBE > eccubeカスタマイズ

eccubeカスタマイズ

2011 年 11 月 26 日 iri コメントをどうぞ コメント

テンプレートの作り方

以下の参考サイトを確認して、テンプレートの下準備をする。

参考サイト

HTMLをある程度理解されている方であれば、FTPを使用してデザインのテンプレートそのものを編集していただく事により、大幅なデザイン変更をする事ができます。

参考サイト

参考サイト

EC-CUBEは『ヘッダー』『コンテンツ部分』『フッター』と大きく3つに分かれています。

さらに、『コンテンツ部分』は3つの列にわかれており(『左コンテンツ』『中央コンテンツ』『右コンテンツ』)それぞれに『ブロック』を入れて表示させます。
また、『中央コンテンツ』の『ページ編集エリア』部分は個別にページ編集からも内容を編集する事ができます。
複数のページで使用する内容に関してはブロック登録を、そのページ個別の内容になる場合はページ編集より中央部分への反映をおすすめします。

リンクと画像のパスについて

各ページ、ブロックのHTMLを編集の際に画像、リンクのパスの前に 下記の記述をしてください。

<!--{$smarty.const.URL_DIR}-->
記述例:
・リンクの場合
<img src="<!--{$smarty.const.URL_DIR}-->img/side/title_cat.jpg" width="166" height="35" alt="商品カテゴリー">
・リンク+画像の場合
<a href="<!--{$smarty.const.URL_DIR}-->abouts/index.php"><img src="<!--{$smarty.const.URL_DIR}-->img/side/about.jpg" width="166" height="30" alt="当サイトについて" border="0"></a>

この記述はEC-CUBEをインストールしているディレクトリパスを指しています。

<!--{$smarty.const.URL_DIR}-->img/side/title_cat.jpg" width="166" height="35" alt="商品カテゴリー">

と記述すると

<!--/img/side/title_cat.jpg" width="166" height="35" alt="商品カテゴリー">

と同義になり階層の違うPHPからテンプレートを読み込んでも、画像を表示する事ができます。

新たなブロックの生成 Edit

新規にブロックを作成するとテンプレートが生成されます。
ブロック追加機能を利用して、バナー欄を作成したり、ナビゲーションを作成 したりと工夫する事ができます。

CSSの場所

/public_html/nanaboshi/html/user_data/packages/default/css

カテゴリー: ECCUBE タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。